試してみる

発毛剤の現在の定義など

男性として年齢を重ねてくると多くの人が悩んでいるともわれる薄毛、抜け毛と頭(頭皮)の悩みである。だんだんと髪のボリュームが減る、生え際が上がってくる、頭頂部が薄くなるなど進行すれば重大なコンプレックスとして悩んでしまうかもしれない。そんな人たちへと開発されているのが発毛剤である。発毛剤と育毛剤というものがある何が違うのかといえば定義的には発毛剤は毛母細胞の活性化によって発毛へと直接的に効果を狙うもの、育毛剤は頭皮の血行、栄養分の供給などを意識したものといった感じだそうだ。それぞれ使う人によっておすすめが変わってくると思うのだが、最近、発毛剤もそれぞれの特徴を打ち出した成分を配合されているものがたくさんありいろいろ試すのがおすすめかともいえる。

おすすめ商品を利用、選ぶ

発毛剤の成分として唯一厚生労働省が発毛効果を認めている成分がある「ミノキシジル」という成分である。これを含むものを第一類医薬品として扱われているのだ、第一類医薬品は安全性が不明な部分があることを示す。なので医師、薬剤師の説明を要したり受けることが大切であるといえるだろう。おすすめ発毛剤としてはやはり成分から考えるのもいいのではないか、ミノキシジルをはじめとして海外で認知されているのがフィナステリド、塩化カルプロニウム、そしてミノキシジルよりも安全性と同程度の効果があるとしてピディオキシジル、M-034などが注目されているらしい。安全性が一番なのがおすすめなのだが有名なところ口コミを活用しながら、医師、薬剤師のサポートを受けがらの利用がいいのではないだろうか。